ダイエットを助ける食品

青汁ダイエットはどんな人でも効果がある

青汁ダイエットはゆっくりとした効果が表れるダイエットですが、個人の体質の違いによってはさらに効果が遅いことがあります。
しかしそうした違いはあっても青汁を飲み続けている限りにおいては効果は少しずつ表れます。

そんな青汁ダイエットができないのは青汁を飲むことが出来ない人です。
味がどうしても受け付けないので青汁ダイエットができないという人がいますが、今では錠剤タイプ、味が全く変わっている食べるジェルタイプなどというように、
様々な青汁があります。

この場合の青汁が飲めない人というのは病気によって青汁の成分が身体に害になる人のことです。
重い腎臓病の人にとって青汁の中に含まれるカリウムは毒になると言ってもいいでしょう。
腎臓障害がある人は、体の中にカリウムを蓄積する傾向にあるため、不整脈を引き起こす可能性があります。
特に人工透析などを受けていて上限が決まっているような人にとっては大変危険であるともいえます。

また、同じカリウムが原因でも高血圧の薬によってはカリウムに上限があり、飲むことができない場合があります。
青汁には血圧を左右する効能は確かにありますが、医師から高血圧の薬を渡されている以上は勝手に青汁に切り替えるようなことはしないでください。
医師に相談することは絶対に必要です。
青汁は良い意味でも悪い意味でも薬ではないのです。

甲状腺に異常のある人も青汁に含まれているイソチオシアネート類が、甲状腺の働きに影響を与えると言われていますので、避けた方がいいでしょう。
血栓塞栓症の治療などに使われるワルファリンを飲んでいる人は、青汁と共に飲むことで効果が弱くなってしまうこともあるそうなので、飲むのをやめておいた方がいいでしょう。
他にも医師に食事制限を受けているような人もお勧めできません。

病気の人は青汁をダイエットではなく健康に用いるかもしれませんが、飲むのは医師と相談することは必要です。
健康に問題のない人は健康の維持を兼ねて、青汁ダイエットはお勧めです。
青汁の正しい選び方はこちらを参考にすると良いでしょう。
また、こちらのhttp://www.topcoachingjobs.com/hn.htmlに飲む際の注意事項がまとめられていますので、こちらもご覧ください。